一地下御奉公六拾壱度七度勤
日数八千百拾日七千四百拾三日

一與那國三度

壱度御當地大飢饉ニ付
与那国嶋上納穀積登用
壱度古米穀積越用
壱度就御代替神水為
奉頂戴用
一多良間旅壱度
春立地船帰帆之砌多良間登
〓干瀬破損仕候ニ付千刻
語賭至茂後〓惨積越用
一在番筆者大城里之子親雲上
宿付五拾弐ヶ月相勤
〆九千八百七十日
石垣目差
一地下御奉公弐拾九度
勤日数千弐百拾壱日
一上國壱度御物宰領*ニ而*
罷登翌年御注文
拝下リ

最終更新日 / last updated date
2020-07-31

引用の際には以下の情報を参考にご利用ください。

『覚』宮良殿内文庫MI101(琉球大学附属図書館所蔵), https://doi.org/10.24564/mi10101