亥年宮良親雲上供夫仕口米請取帳 / (Please see the English description for the English title)

タイトルヨミ
イドシ ミヤラ ペーチン トモブ シクチマイ ウケトリ チョウ
Romanaized title
Idoshi miyara pēchin tomobu shikuchimai uketori chō
解説

1件。6丁。13.0×38.5cm。年代不明。帳簿。筆者は宮良殿内(宮良親雲上)。「供夫」(トモブ)は夫役の一種で、「仕口米」(シクチマイ)とは百姓から徴収することを許されていた米のことである。実際には米だけではなく、小麦や大豆なども徴収されていたことが史料からわかる。近世琉球の役人は、一定条件の下で、百姓を使役したり、物品を徴収することが許可されていた。史料には主に、村名・人名・受取日・徴収した物品名と量が記載されている。白保村・宮良村など石垣島の村以外に、小濱村・古見村など諸離島の村の百姓もみられる。

Description

This is an account book with the date unknown. The writer was Peechin Miyara. Tomobu is a form of labour tax that allowed the Kashira of the outer islands to use 10 peasants five times a month. However, at the beginning of the Meiji Period, people no longer actually took part in physical labour but instead paid the tax in the form of rice, wheat and soybeans ie the shikuchimai. The document has records of the village name, peasant name, date of receipt, type of tax received as well as the amount. Records of the following villages could be found: Shiraho and Miyara on Ishigaki Island; Kohama and Komi etc on other islands.

言語
Language
日本語 / Japanese
キーワード
Keywords
【その他】

引用の際には以下の情報を参考にご利用ください。 / When citing materials, please use the following information as a reference.

『亥年宮良親雲上供夫仕口米請取帳』宮良殿内文庫MI115(琉球大学附属図書館所蔵), https://doi.org/10.24564/mi11501