口上覚 / An appointment request

奉公人容易下知方不罷成段々工面を尽し全
熟談各定法通致所持こやし草拂垣結廻方
無見抜下知方仕候付自分用相達益筋相成當年
まて四ヵ年引通相勤居申候
一去年御手札改為宰領役去々年四月上國被仰付
早速*より*諸帳組立方取付為申事御座候然處
御改之儀年来久敷相成候故諸帳冊相揃不申
先格所覚候方*茂*少其上蔵格護之頭数帳五冊
落冊相成人数出入証文帳流罪人物成帳又*者*
惣総帳切爛相成一涯心労を尽右帳致組立且奉公人
本妻出生之子妾腹之子共系圖引當之上差引を以
相調勘定相遂大地離方之村々御在番頭御一同
罷通現改等相済既清書方取付為申事御座候處
存外故南風見目差伊是名筑登之致死去候付獨役之

現代語訳

指導がうまくいきませんでした。しかし、いろいろと工夫し話合いをして、定法の通りに所持・取持(?)、

こやし・草拂・垣結の方法を抜かりなく指導し、私自身の職分は達することができ、その成果があがりまし

た。その職を今年まで四ヶ年引き続き勤めております。

一、私(南風見與人)は、去年、御手札改宰領役としておととしの四月に沖縄本島への上國を命じられ、すぐ

に、諸帳の組み立てにとりかかりました。しかし、この御手札改を行うことが久しぶりなことなので、諸帳が

そろわず、また先にあった出来事を覚えているものもおらず、その上、蔵に保管してある頭数帳五冊がなくな

り、人数出入證文帳・流罪人物成帳・惣総帳もバラバラになっておりました。それを苦心してこれらの帳簿を

作成し、その際には、奉公人・本妻が出生した子・妾が出生やした子などを系図と照らし合わせて作成し数を

割り出しました。また、大地(石垣島)やその他の離島や村々を在番や頭役がその場所へ行って検分を済ま

せ、すでに諸帳の清書ができあがっておりました。その折りに思いかけず、南風見目差と伊是名筑登之が亡く

なり、一人でこの役を勤め、

最終更新日 / last updated date
2020-07-31

引用の際には以下の情報を参考にご利用ください。

『口上覚』宮良殿内文庫MI126(琉球大学附属図書館所蔵), https://doi.org/10.24564/mi12601