[瓦葺き屋敷をカヤ葺きへ戻すことを通達した]覚 / (Please see the English description for the English title)

タイトルヨミ
[カワラブキヤシキ オ カヤブキ エ モドスコト オ ツウタツシタ] オボエ
Romanaized title
Kawarabukiyashiki o kayabuki e modosu koto o tūtatusita oboe
解説

咸豊11年(1861年)。1枚。26.0×70.0cm。首里王府首脳部の国頭親雲上・富盛親方から八重山へ御使者として派遣される富川親方へ宛てたもの。両先島(宮古・八重山)では,瓦葺きの屋敷を建造することは禁止されていたが,禁令を遵守しないものもいた。そのため,道光21年(1841年),咸豊7年(1857年)の御使者や御検使の行政指導で,カヤ葺きへ戻すことを布達されたが,そのつど延期願いが提出されていた。ところが,その延期年限が切れているにも関わらず王府の布達は,なし崩しのあり様となっていた。業を煮やした王府は,今回の富川親方派遣ではカヤ葺きへ復するよう強い布達が下されたのである。(豊見山和行)

Description

This is a memo from Master Tomimori of the Shuri Government headquarters to Master Tomikawa, an envoy dispatched to Yaeyama. The construction of tiled roofs were forbidden in Miyako and Yaeyama Islands but there were people who broke the rules. As a result, although Orders for the reversion to hay roofs were given according to the administrative guidance of envoys in 1841 and 1857, applications for extension of the deadline were submitted everytime. Still, even though the deadline has passed the orders were obeyed strictly. Therefore, with the dispatch of Master Tomikawa this time, a stronger order has been issued in regards to the reversion to hay roofs.

責任表示
Statement of Responsibility
国頭親雲上
富盛親方
言語
Language
日本語 / Japanese
年代
Date

1861

キーワード
Keywords
【その他】

引用の際には以下の情報を参考にご利用ください。 / When citing materials, please use the following information as a reference.

『[瓦葺き屋敷をカヤ葺きへ戻すことを通達した]覚』宮良殿内文庫MI145(琉球大学附属図書館所蔵), https://doi.org/10.24564/mi14501