廃藩置県当時の富茂利按司の事業計画書 / (Please see the English description for the English title)

タイトルヨミ
ハイハンチケン トウジ ノ トミモリアジ ノ ジギョウケイカク ショ
Romanaized title
Haihanchiken tōji no tomimoriaji no jigyōkeikaku sho
解説

1件。3丁。八重山における漁業を主軸とした事業計画書。富盛按司(とみもりあじ)が、名護里之子親雲上(なごさとぬしぺーちん)と新嘉喜里之子(あらかきさとぬし)を八重山へ派遣した際の指示文書。漁業を八重山における基幹産業とし、事業を興す際には八重山嶋頭(やえやましまかしら)職と事業費を互いに出し合い、利潤を分配するという案も提示されている。作成年不明。

Description

A commercial plan regarding fishery in Yaeyama. An order by Aji Tomimori dispatching Peeching Nago and Peechin Arakaki to Yaeyama. There was indication that Fishery was to be the key industry of Yaeyama, and in terms of reviving the industry, it was suggested that funds should come from both the Government and the Yaeyama Kashira, and profits should be shared as well. Year written unknown.

責任表示
Statement of Responsibility
富盛按司
名護里之子親雲上
新嘉喜里之子
言語
Language
日本語 / Japanese
キーワード
Keywords
【その他】

引用の際には以下の情報を参考にご利用ください。 / When citing materials, please use the following information as a reference.

『廃藩置県当時の富茂利按司の事業計画書』宮良殿内文庫MI150(琉球大学附属図書館所蔵), https://doi.org/10.24564/mi15001