タイトルヨミ
リュウキュウ バナシ
Romanaized title
ryūkyū banashi
解説

「琉球談(りゅうきゅうばなし)」は森島中良が寛政2(1790)年に上梓した書物で、内容は為朝渡琉伝説に注目し、日本と琉球の関りや風俗について記している。

Description

“Discourse on Ryukyu” (Ryukyu Banashi) is a book written by Morishima Churyo in 1790. The contents are focused on the legengs of Minamoto Tametomo coming to Ryukyu, and the relationships of Japan and Ryukyu, and Ryukyu's old customs.

責任表示
Statement of Responsibility
森島中良[著]
起文堂[出版]
言語
Language
日本語 / Japanese
年代
Date

1790[跋文]

形態
Physics
22×15.7

引用の際には以下の情報を参考にご利用ください。 / When citing materials, please use the following information as a reference.

『琉球談』仲原善忠文庫NA129(琉球大学附属図書館所蔵), https://shimuchi.lib.u-ryukyu.ac.jp/collection/nakahara/na12901