タイトルヨミ
チュウザン ブッサン コウ チュウ
解説

江戸の医者・本草学者である田村登(1718~1776)が明和6年 (1769)に著した本。田村は、田村藍水(たむら・らんすい)という号が有名。中山は琉球の別称。全3巻。巻ーは琉球の地誌と特産物について、巻ニ ・三は徐葆光『中山伝信録』 (1721)に記述された琉球の動植物 ・物産をもとに述べている。徐葆光は 1719年に冊封使と して来琉し 、見聞の成果を『中山伝信緑』 にまとめ中国で出版した。同書は長崎から鎖国時代の日本に入り、日本でも出版され琉球認識のテキストとなった。本書は昭和8年(1933)に岩瀬文庫の本から笹岡晴風が写したもの。

責任表示
Statement of Responsibility
田村登[作成]
笹岡晴風[写]
言語
Language
日本語 / Japanese
年代
Date

1769[成立]

1933[写]

形態
Physics
51枚
キーワード
Keywords
【その他】

引用の際には以下の情報を参考にご利用ください。 / When citing materials, please use the following information as a reference.

『中山物産考 中』その他OT009-02(琉球大学附属図書館所蔵), https://shimuchi.lib.u-ryukyu.ac.jp/collection/other/ot00902