[金澤庄三郎研究ノート 1] / KANAZAWA Shōzaburō Research Note No. 1

タイトルヨミ
カナザワ ショウザブロウ ケンキュウノート 1
解説

本資料は、日本の言語学者・国語学者の金沢庄三郎(1872-1967)が沖縄県を訪れ、方言調査を行った時の記録集である。第1冊はタイトル「八重山・大島方言」となっているが、奥付に「明治四十二年四月廿九日午后二時 沖縄縣那覇ニ於テ校了 庄三郎」と記されている。

Description

This material is one research note of KANAZAWA Shōzaburō (1872-1967). Kanazawa was a Japanese linguist and scholar. It includes records of his dialects research during his visit to Okinawa. The first note is titled Yaeyama, Ōshima hōgen (Dialects of Yaeyama and Ōshima). The signature is put at colophon page with message “April 29, 1909, 2:00 p.m.; final proofs have been read in Naha, Okinawa Prefecture; Shōzaburō”.

責任表示
Statement of Responsibility
金澤庄三郎[写]
年代
Date

1909

引用の際には以下の情報を参考にご利用ください。 / When citing materials, please use the following information as a reference.

『[金澤庄三郎研究ノート 1]』その他OT043(琉球大学附属図書館所蔵), https://shimuchi.lib.u-ryukyu.ac.jp/collection/other/ot04301