[金澤庄三郎研究ノート 5] / KANAZAWA Shōzaburō Research Note No. 5

タイトルヨミ
カナザワ ショウザブロウ ケンキュウノート 5
解説

本資料は、日本の言語学者・国語学者の金沢庄三郎(1872-1967)の調査記録ノートである。ノート第5冊。ノートタイトルは「第壱號 七月廿三日 同 丗日」、奥付に「明治廿九年七月三十日午前十一時終」と記されている。内容は全てローマ字表記であり、単語や簡単な会話が収録されている。収録した言語はアイヌ語と思われる。

Description

This material is a research note written by KANAZAWA Shōzaburō (1872-1967), a Japanese linguist and scholar. It keeps the records of Kanazawa’s dialects survey during his visit to Okinawa. This fifth note is titled Dai-ichi gō 7 gatsu 23 nichi dō 30 nichi (Volume One; July 23 and 30). The inscription at the end page reads “Completed on July 30, 1896, 11:00 a.m.” it contains vocabulary and simple dialogues written in Rōmaji (romanization of Japanese). The language recorded is thought to be Ainu dialects.

責任表示
Statement of Responsibility
金澤庄三郎[写]
年代
Date

1896

引用の際には以下の情報を参考にご利用ください。 / When citing materials, please use the following information as a reference.

『[金澤庄三郎研究ノート 5]』その他OT043-05(琉球大学附属図書館所蔵), https://shimuchi.lib.u-ryukyu.ac.jp/collection/other/ot04305