[金澤庄三郎研究ノート 6] / Shōzaburō Kanazawa Research Note No. 6

タイトルヨミ
カナザワ ショウザブロウ ケンキュウノート 6
解説

本資料は、日本の言語学者・国語学者の金沢庄三郎(1872-1967)の調査記録ノートである。ノート第6冊。ノートタイトルは「第弐號 七月丗一日」と記されている。第5冊の続きであろう。内容は全てローマ字表記であり、単語や簡単な会話が収録されている。収録した言語はアイヌ語と思われる。

Description

This material is one of KANAZAWA Shōzaburō’s (1872-1967) research notes. It records his dialects research. The sixth note is titled Dai ni gō 7 gatsu 31 nichi (Volume Two; July 31) and considered to be the sequence of his note No. 5. The content is written in Rōmaji (romanization of Japanese) and contains vocabulary and simple dialogues. The language recorded is thought to be Ainu dialects.

責任表示
Statement of Responsibility
金澤庄三郎[写]
年代
Date

〔1896〕

引用の際には以下の情報を参考にご利用ください。 / When citing materials, please use the following information as a reference.

『[金澤庄三郎研究ノート 6]』その他OT043-06(琉球大学附属図書館所蔵), https://shimuchi.lib.u-ryukyu.ac.jp/collection/other/ot04306