[京都・熊谷信吉宛尚順男爵書簡 2]

タイトルヨミ
キョウト クマガイノブヨシ アテ ショウジュン ダンシャク ショカン 2
解説

尚順(1873~1945)は、最後の琉球国王尚泰の四男であり、近代の沖縄社会において実業家、政治家として幅広い活動の見られる有力者である。本資料は、尚鷺泉₍尚順)が京都に店を構える鳩居堂の熊谷信吉に対し、美術工芸品の入手について依頼した書翰である。
この書翰では、伊孚九(清代の貿易商、山水画家)の「山水」の落札を述べており、尚順が熊谷を通して美術品を落札し、これを郵便為替で支払っていた事が書翰の内容からわかる。また、「竹邨の山水ハ何か佳品ハ無之候や」とあるように、具体的な作家の名前を出して熊谷に捜索を依頼している。

責任表示
Statement of Responsibility
尚順
言語
Language
日本語 / Japanese
年代
Date

〔1917〕

形態
Physics
3枚
キーワード
Keywords
書簡
利用実績/Use in Publication

川島淳「琉球大学附属図書館所蔵の鳩居堂熊谷信吉宛尚順書翰に関する文書学的考察」『壺屋焼物博物館紀要』第15号,2014

引用の際には以下の情報を参考にご利用ください。 / When citing materials, please use the following information as a reference.

『[京都・熊谷信吉宛尚順男爵書簡 2]』その他OT076-02(琉球大学附属図書館所蔵), https://shimuchi.lib.u-ryukyu.ac.jp/collection/other/ot07602