[京都・熊谷信吉宛尚順男爵書簡 7]

タイトルヨミ
キョウト クマガイノブヨシ アテ ショウジュン ダンシャク ショカン 7
解説

尚順(1873~1945)は、最後の琉球国王尚泰の四男であり、近代の沖縄社会において実業家、政治家として幅広い活動の見られる有力者である。本資料は、尚順が京都に店を構える鳩居堂の熊谷信吉に対して美術工芸品の入手について依頼した書翰である。
この書簡では、富岡鉄斎へ美術工芸品の製作を依頼するにあたり、条件(素材や価格など)を提示し、熊谷に問い合わせている。

Description

Shō Jun (1873-1945) was the fourth son of Shō Tai, the last king of the Ryukyus, and was an influential figure in modern Okinawan society who was active in a wide range of fields as a businessman and politician. This is a letter from Shō Jun to Nobuyoshi Kumagai requesting the acquisition of artwork. Kumagai’s store Kyūkyodō was the official imperial stationer at the time and located in Kyoto. In this letter, Shō Jun gives Kumagai his conditions (materials, price, etc.) in his request for Tessai Tomioka to produce an artwork for him.

責任表示
Statement of Responsibility
尚順
言語
Language
日本語 / Japanese
年代
Date

1911

形態
Physics
3枚
キーワード
Keywords
書簡
利用実績/Use in Publication

川島淳「琉球大学附属図書館所蔵の鳩居堂熊谷信吉宛尚順書翰に関する文書学的考察」『壺屋焼物博物館紀要』第15号,2014

引用の際には以下の情報を参考にご利用ください。 / When citing materials, please use the following information as a reference.

『[京都・熊谷信吉宛尚順男爵書簡 7]』その他OT076-07(琉球大学附属図書館所蔵), https://shimuchi.lib.u-ryukyu.ac.jp/collection/other/ot07607