琉球人行列附 嘉永三年 / 1850 Procession of the Ryukyuans

タイトルヨミ
リュウキュウ ジン ギョウレツ フ カエイ 3 ネン
解説

版元/若狭屋與市 画工/歌川重久 1850(嘉永3)年刊。
江戸立ちは徳川将軍や琉球国王が代替りをしたときに行われ、徳川将軍の襲職を慶賀するための使者を慶賀使、琉球国王の襲封を恩謝するための使者を謝恩使といった。江戸立ちのはじまりは、寛永11(1634)年の尚豊王襲封の謝恩使派遣で、計18回行われている。この嘉永3(1850)年の江戸立ちは尚泰王の襲封を謝恩する派遣であり、琉球からの最後の江戸立ち使節であった。

Description

Edo-dachi were Ryukyuan envoy missions to Edo when there was an accession of a new Tokugawa shōgun or Ryukyu king. The envoys dispatched to congratulate the shōgun were called keigashi, and those sent to express gratitude to the shogun for the accession of a new Ryukyu king were called shaonshi. These missions occurred a total of eighteen times beginning with the shaonshi mission in 1634 for Shō Hō’s accession as king. The envoys sent in 1850 to express gratitude for Shō Tai’s accession as king would be the last Edo-dachi envoys from Ryukyu.

言語
Language
日本語 / Japanese
年代
Date

1850

形態
Physics
10枚
キーワード
Keywords
絵図

引用の際には以下の情報を参考にご利用ください。 / When citing materials, please use the following information as a reference.

『琉球人行列附 嘉永三年』その他OT079(琉球大学附属図書館所蔵), https://shimuchi.lib.u-ryukyu.ac.jp/collection/other/ot07901