[衛生協議会之義開申] / A report of a hygienic conference

タイトルヨミ
エイセイ キョウギ カイ ノ ギ カイシン
Romanaized title
eisei kyōgi kai no gi kaishin
解説

明治13(1880)年5月の衛生協議会で決定した事項を、当時県令代理を務めていた原に進達した文書である。同会では、各村に2名の衛生委員を設置すること、医師の増員、薬品の配布などに関する取り決めがなされた。同会は間切番所や蔵元の役人で構成されていたが、八重山島所属の2名は議決事項の一部に疑問があり、調印を控えたとのことである。

Description

It is a report of a hygienic conference held in May 1880; this report was sent to Hara who was, at that time, acting the Prefectural Governor. In this conference, the participants have decided to install two members of a hygienic committee in each village, to increase the number of doctors and to distribute the medicines. This conference was composed of officials of Magiri Banjo (an administrative office) and Kuramoto (an administrative office in Yaeyama), but the two officials from Yaeyama Island could not agree with a part of settled matters, and then, they did not sign on for the decisions.

言語
Language
日本語 / Japanese
年代
Date

1880

キーワード
Keywords
県政関係
利用実績/Use in Publication

前田勇樹『沖縄初期県政の政治と社会』榕樹書林、2021年

引用の際には以下の情報を参考にご利用ください。 / When citing materials, please use the following information as a reference.

『[衛生協議会之義開申]』原忠順文庫HA007(琉球大学附属図書館所蔵), https://shimuchi.lib.u-ryukyu.ac.jp/collection/hara_tadayuki/ha00701