一筆啓上仕候日和克御出艦
海上無恙御上着弥御勇健
被成御座恐悦至極奉存候
於爰元貴館中御別条無御座
私共*ニ茂*無異罷在申候間乍憚
易尊意被思召上可被下候且
當時御國許之儀疱瘡未相去
不申段奉承知願*者*無難被御凌
御帰嶋有御座度心願仕居申候
便宜御座候付右御祝儀旁申上
為可奉伺御様躰如斯御座候
恐惶謹言
大濱與人次男
黒嶋仁屋
十一月五日
故耕作筆者﨑山仁屋次男
兼本仁屋
故耕作筆者伊舎堂仁屋嫡子
伊舎堂仁屋
故山城仁屋嫡子
山城仁屋
故杣山筆者翁長仁屋嫡子
兼本仁屋

最終更新日 / last updated date
2020-07-31

引用の際には以下の情報を参考にご利用ください。

『書簡』宮良殿内文庫MI211(琉球大学附属図書館所蔵), https://doi.org/10.24564/mi21101