琉球聘使畧 / Brief account of the Ryukyuan envoys

タイトルヨミ
リュウキュウ ヘイシ リャク
Romanaized title
Ryūkyū heishi ryaku
解説

天保3(1832)年の江戸立に関する記録である。編者、成立年いずれも不明。阪巻・宝玲文庫にのみ架蔵の確認される史料である。慶長14(1609)年の島津侵攻以後、琉球では、徳川将軍の襲職の際には慶賀使を、琉球国王の即位の際には謝恩使を江戸へ派遣することが義務づけられた。これを「江戸立」という。天保3年の江戸立は、尚育王の即位を謝恩する目的でなされた。本史料にはこのときの琉球使節の氏名、行列の際に携行した道具や楽器の図版、登城の際の行列順、献上品の品書などが記載されている。また、使節の氏名には朱でふりがなが付されている。

みんなで翻刻対象資料です。みんなで翻刻へは以下のURLから。
https://honkoku.org/app/#/transcription/1F987657740225763E1803D7348F8652/1

Description

This is a record of the Ryukyuan procession to Edo of 1832. Both the editor and the date when it was written are unknown. This book can be found only in the Sakamaki/Hawley Collection. After the Satsuma invasion of 1609, Ryukyu was obliged to send keigashi, envoys sent to Edo upon the change of a Tokugawa shogun, as well as shaonshi, envoys sent to Edo upon the change of a Ryukyuan king. These missions are called edodate, the Ryukyuan mission/procession to Edo. The mission of 1832 was conducted to express shaon, or special gratitude, with regards to the enthronement of King Shō Iku. This book lists names of the envoys who attended the mission; tools, belongings, and instruments used during the procession; the order of the envoys; tributes; etc. In addition, those names of the Ryukyuan envoys have a reading aid inserted on the side in red ink.

言語
Language
日本語 / Japanese
年代
Date

[1832]

キーワード
Keywords
【ハワイ大学マノア校図書館管理番号 : HW454】,
【みんなで翻刻】

引用の際には以下の情報を参考にご利用ください。 / When citing materials, please use the following information as a reference.

『琉球聘使畧』阪巻・宝玲文庫(ハワイ大学所蔵)HW454, https://shimuchi.lib.u-ryukyu.ac.jp/collection/sakamaki/hw454