沖縄志 一名 琉球志 二 / A history and gazetteer of Okinawa, also known as "A history and gazetteer of Ryukyu," vol. 2 politics, life, people

Romanaized title
Okinawa shi ichimei Ryūkyū shi ni
解説

題簽『沖縄志 一名 琉球志 一』。明治10(1877)年刊行。『沖縄志』5巻組の第1巻。仲原善忠文庫本に同名本があり、蔵書印が同じ「有恒齋藏版印」となっている。著者の伊地知貞馨は元薩摩藩士。1872年内務省より伝事として派遣され、琉球処分の時期に沖縄に滞在。巻一の内容は「地理志」、首里総図ほかの古地図付きである。

Description

This is the second volume of Okinawa Shi (subtitle: Ryūkyū Shi), describing Ryukyuan official positions and titles, tributary relations with Japan and China,raw products and commodities (with some drawings), and various facets of the life of the people.

責任表示
Statement of Responsibility
伊地知貞馨
重野安繹
言語
Language
日本語 / Japanese
年代
Date

1877

キーワード
Keywords
【ハワイ大学マノア校図書館管理番号 : HW530c-2(2)】

引用の際には以下の情報を参考にご利用ください。 / When citing materials, please use the following information as a reference.

『沖縄志 一名 琉球志 二』阪巻・宝玲文庫(ハワイ大学所蔵)HW530c2, https://shimuchi.lib.u-ryukyu.ac.jp/collection/sakamaki/hw5303202