異国船渡来報告書 / Reports of foreign ships coming to Ryukyu

Romanaized title
Ikokusen torai hōkokusho
解説

作成者、成立年不明。写本。史料名は表紙の記載に拠った。何かを元に筆写したように見受けられるが、典拠は不明である。本史料には、異国船渡来に関する松平大隅守の下記の報告を収録する。①天保15(1844)年辰8月16日薩州侯御届書。これは英国船サマラン号の八重山・宮古寄港に関する報告である。②丙午(1846年)壬5月20日薩州侯より御届出の写し。こちらは英国船スターリング号(正しくは米国船籍)および仏国船サビーヌ号の来琉に関する報告である。(2015年3月31日更新)

Description

The editor and the completion date are unknown. A copy. The title was followed by the one on the front cover. It is apparently a copy based on another book, but the details of this original source are unknown. It contains the following reports regarding foreign ships' visits, written by Matsudaira Ōsumi no Kami. 1) A report addressed to the Satsuma Lord on August 16, 1844. This is a report regarding the visit of British Vessel Samarang to Yaeyama and Miyako. 2) A copy of the Satsuma Lord's letter issued on the leap month of May 20, 1846. This is a report regarding the landing of British (actually American) Vessel Sterling and French Vessel Sabine in Ryukyu. (Updated on December 25, 2015)

責任表示
Statement of Responsibility
松平大隅守
言語
Language
日本語 / Japanese
年代
Date

[1844-1846][写]

キーワード
Keywords
【ハワイ大学マノア校図書館管理番号 : HW739】

引用の際には以下の情報を参考にご利用ください。 / When citing materials, please use the following information as a reference.

『異国船渡来報告書』阪巻・宝玲文庫(ハワイ大学所蔵)HW739, https://shimuchi.lib.u-ryukyu.ac.jp/collection/sakamaki/hw739