琉球談記 / Account of the conversations with visitors from Ryūkyū

Romanaized title
Ryūkaku danki / Ryūkyaku danki
解説

赤崎楨幹(あかさき・ていかん)著。寛政9(1797)年。赤崎が琉球人に中国の情報を聞き書きしたものである。詳しくは真栄平房昭「清国を訪れた琉球使節の見聞録」(『第八回 琉球・中国交渉史に関するシンポジウム論文集』、2007年)を参照。また、比嘉実『「唐旅」紀行』(法政大学沖縄文化研究所、1996年)に解説と翻刻がある。 (2015年3月31日更新)

Description

Written by Akasaki Teikan in 1797. This is a record containing information about China that Akasaki collected from Ryukyuans. For more details, see Shinkoku wo Otozureta Ryūkyū Shisetsu no Kenbunroku (Dai 8 Kai Ryūkyū Chūgoku Kōshōshi ni Kansuru Shinpojiumu Ronbunshū, 2007), by Maehira Fusaaki. A brief summary and the modern Japanese print transcription (honkoku) can also be found in Tōtabi Kikō (published by Hōsei Daigaku Okinawa Bunka Kenkyūjo, 1996), written by Higa Minoru.(Updated on January 4, 2016)

責任表示
Statement of Responsibility
赤崎楨幹
言語
Language
日本語 / Japanese
年代
Date

1797

キーワード
Keywords
【ハワイ大学マノア校図書館管理番号 : HW749】

引用の際には以下の情報を参考にご利用ください。 / When citing materials, please use the following information as a reference.

『琉球談記』阪巻・宝玲文庫(ハワイ大学所蔵)HW749, https://shimuchi.lib.u-ryukyu.ac.jp/collection/sakamaki/hw749