南陔/白華 / Nan Gai / Bai Hua

Romanaized title
Nangai/Hakka
解説

林鴻年(りん・こうねん)の書。道光18(1838)年。表題なし。史料名は内容より付した。林鴻年は尚育王の冊封のため、同年に来琉した冊封正使である。詳しい履歴は曾煥棋『清代使琉球冊封使の研究』(2005年)を参照されたい。内容は、束晳(そくせき)の補亡詩六章より「南陔」「白華」の2編を書す。崎原正子氏は「書の手本の類」であるとする(「ハワイ大学の琉球研究資料」、『季刊沖縄』1、1979年)。 (2015年3月31日更新)

Description

Written by Lin Hongnian (Jpn. Rin Kōnen) in 1838. No title available. The title here is derived from its contents. Lin was the chief envoy, who visited Ryukyu for King Shō Iku's sappō (investiture). For more details, see Ceng Huanqi's Shindai Shi Ryūkyū Sappōshi no Kenkyū (2005). It contains the handwritten text of two sections entitled "Nangai" and "Hakka," taken from Chapter Six of Hobōshi, written by Sokuseki. In the article "Hawai Daigaku no Ryūkyū Kenkyū Shiryō," Sakihara Masako analyzes this material as a sort of writing practice (Kikan Okinawa, vol.1, 1979).(Updated on January, 2016)

責任表示
Statement of Responsibility
林鴻年
言語
Language
中国語 / Chinese
年代
Date

1838

キーワード
Keywords
【ハワイ大学マノア校図書館管理番号 : HW750】

引用の際には以下の情報を参考にご利用ください。 / When citing materials, please use the following information as a reference.

『南陔/白華』阪巻・宝玲文庫(ハワイ大学所蔵)HW750, https://shimuchi.lib.u-ryukyu.ac.jp/collection/sakamaki/hw750