〔原忠順宛内田孝太郎意見書〕 / 〔A written statement from Uchida Kōtarō to Hara Tadayuki〕

タイトルヨミ
ハラ タダユキ アテ ウチダ コウタロウ イケン ショ
Romanaized title
hara tadayuki ate uchida kōtarō iken sho
解説

明治13(1880)年1月27日付、沖縄県令代理原忠順宛内田孝太郎(9等警部)意見書の原本である。コレラ病対策としての避病院(隔離施設)の設置と予防薬剤の準備を主張している。

Description

It is an original document of a written statement from Uchida Kōtarō who was a police inspector, to Hara Tadayuki who was an acting Prefectural Governor of Okinawa, dated January 27th, 1880. Uchida asserted that it was indispensable to establish an isolation hospital for the preventive against cholera and to prepare prophylactics.

言語
Language
日本語 / Japanese
年代
Date

1880

キーワード
Keywords
県政関係
利用実績/Use in Publication

前田勇樹『沖縄初期県政の政治と社会』榕樹書林、2021年

引用の際には以下の情報を参考にご利用ください。 / When citing materials, please use the following information as a reference.

『〔原忠順宛内田孝太郎意見書〕』原忠順文庫HA006(琉球大学附属図書館所蔵), https://shimuchi.lib.u-ryukyu.ac.jp/collection/hara_tadayuki/ha00601